2011年1月31日月曜日

「平成22年度 乳がん検診従事者講習会」開催要領

乳がん検診従事者の資質向上を図ることを目的として、「乳がん検診従事者講習会」を開催致します。多数のご参加をお待ちしております。
※乳腺科担当の先生方におかれましては、「乳がん検診症例検討講習会」を行いますので、是非ご参加をお待ちしております。
※特に対策型(市町からの委託)に係わる滋賀県の乳がん検診に携わる外科(乳腺科)・放射線科の先生方のご参加を希望しております。

日時:平成23年3月24日(木) 18:00-20:00
場所:ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター 2F 【公式サイト】 【地図】 
参加費:無料
申込期限:平成23年3月11日(金) 必着
申込方法:「参加申込書」を印刷し、FAXにて送付

詳細は、下記資料をご覧下さい。
『平成22年度乳がん検診従事者講習会 開催要領/参加申込書』(PDF)
『平成22年度乳がん検診従事者講習会 参加申込書』(EXCEL)

2011年1月18日火曜日

胃・胸部併用X線デジタル検診車 導入

当財団では、財団法人日本宝くじ協会の助成を受け、新たに胃・胸部併用X線デジタル検診車を1台、所内においてはPACSシステム(医用画像保存通信システム)を導入しました。医用画像やデータ等を電子媒体により集中管理し、過去データの参照等を容易に行うことにより、スピーディ且つより精度の高い検診が提供できるようになりました。
今後も肺がん及び胃がんのより早期発見に努め、県民の皆様の福祉向上に寄与すべく努力してまいります。





※ スライドショーの表示には、「Flash Player」のインストールが必要です
上手く表示されない方は、こちらからご覧下さい。
■ 胃・胸部併用X線デジタル検診車

2011年1月17日月曜日

「平成22年度 胃がん検診従事者講習会」開催要領

今年も下記のとおり「胃がん検診従事者講習会」を開催致します。
多数のご応募お待ちしております。

日時:平成23年3月12日(土) 14:00-16:30
場所:ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター 2F 【公式サイト】 【地図】 
参加費:無料
申込期限:平成23年3月4日(金) 必着
申込方法:「参加申込書」を印刷し、FAXにて送付

詳細は、下記資料をご覧下さい。

『平成22年度胃がん検診従事者講習会 開催要領/参加申込書』(PDF)

『平成22年度胃がん検診従事者講習会 参加申込書』(EXCEL)

2011年1月7日金曜日

第2回保健医療従事者研修会 チーム医療シンポジウム「チーム力UPをめざす! 職種間コミュニケーション術」の実施報告

去る12月26日(日)草津市民交流プラザにて「保健医療従事者研修会」を実施いたしました。
当日は雨予報でしたが天候に恵まれ、保健医療従事者など48名の皆様にご参加いただきました。

菅氏の基調講演の内容は、講師の経験や臨床心理士の立場について話され、「『他職種の方に対して、我々の専門性や立場をもっとわかってもらいたい』というのは、よくある悩みなのに、『もっと理解したい』という言葉はめったに聞いたことがない。『分かってもらいたい人』ばかりで、『分かりたい人』が少ないと、どうなるのだろうか?」という疑問を投げかけ、共感と傾聴の大切さを話されました。

緩和ケアの三宅氏は、職種間のコミュニケーションと事例検討、NSTの星野氏からは、チームを歯車で動く機械に例えて、共通認識の必要性をお話しいただきました。調査報告の力石氏は、各診療補助業務の職種別、病床別職種別実施割合の結果から、今後の業務分担の課題を示されました。

研修後に皆様から頂いたアンケートには、「共感と傾聴をスタッフ間でも意識することが大切とわかりました」、『「わかってもらいたい」とアピールし続けていたが、確かに平行線に終わることが多かった。今後は「相手をわかりたい」態度で話を進めていければ、前向きな話ができるのではないかと思いました』、「研修内容を伝達したい」、「明日からの仕事に活かせる」などの感想がありました。

スタッフ一同、この研修会がチーム医療の推進に少しでも貢献することを願っています。
平成22年度の保健医療従事者研修会はこれで終了しました。ご参加ありがとうございました。


当財団の局長あいさつ

会場の様子