2010年9月14日火曜日

平成22年度 全国一斉複十字シール運動キャンペーン

9月24日~30日は、結核予防週間です。

下記の日程で、「複十字シール運動キャンペーン」として街頭啓発を実施します。

  1. 西武大津ショッピングセンター周辺、大津PARCO周辺
    日程:9月24日(金)
    時間:16:00~17:00
  2. びわこ競艇場
    日程:9月24日(金)、9月27日(月)
    時間:9:00~17:00
ご協力よろしくお願いします。

複十字チャリティーサイクル運動

現在、「複十字チャリティーサイクル運動」を実施しています。

「複十字チャリティーサイクル運動」は、ご家庭で不要になった本・DVD・CD・ゲームソフト等をご寄付いただくことで複十字シール募金ができます。
1箱30個を最小単位として無料で回収いたします。寄贈いただいた中古品は、換金を行い複十字シール募金に充当します。
皆様のご支援を心からお待ちしております。

申込書は、下記をクリックしたものを印刷してご使用下さい。


2010年9月7日火曜日

「平成22年度子宮がん検診従事者講習会」開催のご案内

今年も下記のとおり「子宮がん検診従事者講習会」を開催致します。
多数のご応募お待ちしております。


  日時:    平成22年10月30日(土) 14:00-17:00
  場所:    滋賀医科大学 基礎講義・実習棟 解剖センター 顕微鏡実習室
                          【地図】
  参加費:   無料
  申込期限: 平成22年10月22日(金) 必着
  申込方法: 別途資料内「参加申込書」を印刷し、FAXにて送付

詳細は、別途資料をご覧下さい。
『平成22年度子宮がん検診従事者講習会 開催要領』

2010年9月6日月曜日

第1回保健医療従事者研修会「自然なやる気!を育てるモチベーション マネジメント」の実施報告

去る8月10日(火)草津市民交流プラザにて「保健医療従事者研修会」を実施いたしました。
猛暑の中、保健医療従事者など106名の皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。

講師の知的でユーモアのある語り。その中でも「なぜ働くのか・・その答えが働く一人ひとりに必要な時代になっている」という言葉が、強く印象に残っています。
講師は、部下となる人たちの特徴(今年の新人社員タイプ:ETC型、3年後離職率:シチゴサン現象)から「部下からは近づいてこない」、「放っておくと辞めてしまうのは当たり前」と時代や経済的な背景から上司の役割を説明されました。

研修後に皆様から頂いたアンケートには、上司として普段の自分に対する反省や自分の方から部下に近づきたいなどの感想が多くありました。また講義の中の「ストロング・ポイント」や「プラスのストローク」、「聴く姿勢」が参考になったという声も多く頂きました。この研修会を前向きに捉えて頂けたことを感じ、スタッフ一同大変うれしく思っております。

第2回目は、「チーム医療」について実施する予定です。(12月頃)


当財団 理事長のあいさつ
NKNエグゼクティブディレクター
西武文理大学看護学部 客員教授
北浦 暁子講師 講演会場の様子


2010年9月1日水曜日

滋賀県知事への表敬訪問

結核予防会 滋賀県支部では、8月1日から「複十字シール運動」を開始するのに先立ち、7月30日に滋賀県 嘉田知事を表敬訪問致しました。

今回の訪問では、結核の現状報告と複十字シール運動について説明し、県としても積極的に活動に協力していただけるよう要請致しました。

嘉田知事には、シール坊や(複十字シール運動 キャラクター)を非常に気に入っていただき、PRや街頭募金にも効果が大きいのではないかというコメントや、滋賀県では外国人の患者が増えているので、観光交流局 多分化共生チームへもこのことを伝えて欲しいとの要望を受けました。

表敬訪問時の写真(右から3人目が滋賀県 嘉田知事)
なお、平成22年度「複十字シール運動」は、8月1日~12月31日まで実施します。